アメリカ在住者おすすめ銀行・クレカ開設ビギナーズガイド|2024年版

【PR・アフィリエイト広告が含まれています】

こんにちは、Tsumaです。
夫婦で現在(2024年1月)クレジットカードを15枚以上所有しています。ウェルカムボーナスや日常の利用でポイントを貯め、アメリカ〜日本の往復飛行機はいつもクレジットカードのポイント・マイルで賄っています。※ビジネスクラスもたまに利用します

今回は在米8年目になる私たちが経験した、おすすめの銀行とクレジットカードの開設についてまとめました。アメリカでどのクレジットカードを作ればいいのか、クレジットカードをどう利用したらいいのか、1からステップ・バイ・ステップをまとめました。アメリカで初めてクレカを申請しようとする方の参考になれば嬉しいです。

クレジットカードのメリット
  • 大量のウェルカムボーナスで航空券ホテルに交換できる
  • 日々の支払いに使うだけでもポイント・マイルが溜まる

現金で支払うのはもったいない!!

目次

クレジットカード作成する前に準備しておくこと

どのクレジットカードを使うのがいいのかな〜と考える前に準備しておく必要があります。

STEP
日本では馴染みがないクレジットヒストリーを理解

クレジットカードはその名の通り、“あなたは信用に足る人なので、後払いでもいいですよ”ということができるものです。なので、本当に信用できる人なのか、クレジットカード会社はクレジットヒストリーというものを数値で見て判断します。日本のクレジットカード事情とアメリカは違っているので、その点をしっかり踏まえておきましょう!

STEP
銀行口座開設

そもそも銀行口座を持っていないとクレジットカードを作ることができません。それこそ信用の問題ですね。基本的にはソーシャルセキュリティ番号がないと作成できないのですが、学生ビザでもパスポート、アメリカの住所が記載されている雇用証明書、写真付き学生ID 、I-20などがあれば開設することができます。

Checking & Saving とは?

アメリカの個人口座はChecking AccountSaving Accountの2種類を目にすることが多いです。

  • Checking Account:当座預金口座で、普段の生活で出し入れする際に主に利用します。
  • Saving Account:普通預金口座で、預けた金額に対し利子が付きますが、引き出しに制限あります。
Checking|おすすめ銀行

おすすめはCHASE銀行です。なんといってもネットバンキングが使い易いことと、Chase発行のクレジットカードを作りやすくなります。ネット上でも銀行を開けることができますが、窓口で作った方が何かあった際、バンカーが対処してくれます。窓口でも紹介リンクを見せると開設ボーナスももらえるので、ぜひ利用してみてください。

Saving|おすすめ銀行

おすすめはCapital Oneのハイイールドの預金口座です。ハイイールドの預金口座とは、4.35%(2024年1月現在)の利回りなので、預けておくだけで預金が増えます。

詳しくはこちらの記事を見てください。

STEP
いよいよ、クレジットカード選択

クレジットカードの種類によって、リワードのつき方がカテゴリーによって異なります。ポイントを効果的に貯めて、どう使うかは個人の消費生活スタイルによって変わります。

ざっくりでいいので、どのカテゴリーで消費していることが多いのかを把握することが大切です。外食に毎月$⚪︎⚪︎、交通費に毎月$⚪︎⚪︎など把握しておくだけで、どのクレジットカードを選べばいいのか、判断基準になります。

CHASEカードには5/24ルールというものがあります。これは24ヶ月間で5枚以上作ることができないようになっています。5枚の中にはChaseカード以外で作ったものも含まれるので、先にChaseを揃えることがおすすめです。

ビギナーさんへおすすめ|クレジットカード作成の順番

私たちがこれまで経験した中で、この順番でクレジットカードを作るとベストなのではないかと思うカードをあげていきます。一気に作ることはできないので、利用と返済のバランスを考えながら使ってみてください。

1枚目:年会費無料カード|No annual fee card

どの銀行でも、年会費無料カードを発行しています。銀行を開設する際に合わせてクレジットカードを作りたいけど、、と相談してみましょう。バンカーから薦められるとリファーリンクよりも良い条件のウェルカムボーナスの場合もあります。

最初は銀行が発行しているプリペイド式のカードしか持てないことがあるかもしれません。そちらを使いつつ、クレジットヒストリーを貯めて、申請してみましょう!

アメリカのクレジットカードが作れない場合は、ANA USAなど日本のクレジットヒストリーで作れるカードでヒストリーを貯めましょう。

おすすめNo.1|CHASE銀行発行カード

年会費無料のカードでおすすめは以下2つになります。カードスペックを見ながら普段使いができるかどうか確認してみましょう!

ウェルカムボーナス

2万ポイント=$200相当
(3ヶ月以内に$500利用)

カードスペック
  • 1.5%バック:全てのカテゴリーに無制限キャッシュバック
  • 5%バック:配車サービスLyft(2025年3月まで)
  • 5%バック:Chase Ultimate Rewards経由で旅行
  • 3%バック:ドラッグストア
  • 3%バック:レストランダイニング・テイクアウト・デリバリー
特徴
  • ガソリンとグロサリーの利用$12,000まで5%のキャッシュバック
    (最大$600キャッシュバック・初年度のみ)
  • 口座開設から15ヶ月は年利0
  • 全てのカテゴリーで1.5%キャッシュバック
ウェルカムボーナス

2万ポイント=$200相当
(3ヶ月以内に$500利用)

カードスペック
  • 5%バック:3か月ごとのボーナスカテゴリー($1,500上限)
  • 5%バック:配車サービスLyft(2025年3月まで)
  • 5%バック:Chase Ultimate Rewards経由で旅行
  • 3%バック:ドラッグストア
  • 3%バック:レストランダイニング・テイクアウト・デリバリー
  • 1%バック:その他
特徴
  • ガソリンとグロサリーの利用$12,000まで5%のキャッシュバック
    (最大$600キャッシュバック・初年度のみ)
  • 口座開設から15ヶ月は年利0
  • 3ヶ月ごとのボーナスカテゴリーが5%バック
    2024年1月〜3月のボーナスカテゴリーはWalmart®・Target®を除くグロサリーとフィットネスクラブ&ジム会員|セルフケア&スパサービス

おすすめNo.2|Capital One SavorOne

ウェルカムボーナス

2万ポイント=$200相当
(3ヶ月以内に$500利用)

カードスペック
  • 3%バック:ダイニング、エンターテイメント、グロサリー(Walmart®・Target®を除く)、ストリーミング・サービス
  • 5%バック:ホテルとレンタカーで (Capital One Travel経由で予約)
  • 8%バック:Capital One Entertainmentの購入
  • 10%バック:UberライドとUber Eats利用分(2024年11月14日まで)
特徴
  • 口座開設から15ヶ月は年利0
  • 海外取引手数料が無料
  • 航空機代などの利用で損害保険が付くなど、旅行特典が充実していること
  • Capital One Entertainmentを通してエンタメの利用がお得

海外で利用してもアメリカ国内と同様にポイントがつきます。日本での一時帰国、あるいは本帰国したとしてもポイントを貯めやすいですね。

おすすめNo.3|Citi Custom Cash

ウェルカムボーナス

2万ポイント=$200相当
(6ヶ月以内に$1,500利用)

カードスペック
  • 5%バック:以下カテゴリーのうち、支払いターム内で一番利用したカテゴリー購入分($500まで)
  • 1%バック:一番にならなかったカテゴリー購入分、以下カテゴリー以外の購入分
カテゴリー

レストラン、ガソリンスタンド、グロサリー、旅行、交通、ストリーミングサービス、ドラッグストア、ホームセンター、フィットネスクラブ、エンタメ

特徴
  • 口座開設から15ヶ月は年利0
  • 1つのカテゴリーで月に$500以内で利用する場合、利用した分の5%バック

旅行カテゴリーでの購入にポイントが付くカードは多いですが、交通のカテゴリーでポイントが付くカードは少ないので、私たちは同じカードで地下鉄を利用して、地下鉄料金分を全て5%バックしています。
ニューヨークの地下鉄はOMNYという電子決済を利用することができるので、それぞれApple Payに同じカードを入れてタップで利用しています。

もし審査が落ちたら

最初の段階で、落ちる理由としてクレジットヒストリーが不足していることが挙げられます。
そんな時は、日本の信用で作ることができるANAカードを作りましょう。渡米する前に作っても良いかもしれません。

ただ、ANAカードは年会費がかかるのに、利用特典は1倍しかつかない残念なカードです。(Amexなら2倍以上でANAマイルに交換可能です)、他のカードが手に入った時点あるいは1年目終了時に解約することをおすすめします。

2枚目:Bilt Mastercard

2枚目は最初のカードを取得してから最低でも3ヶ月は空けましょう。すぐ次のカードを作るとスコアが下がる原因になる可能性があります。

ウェルカムボーナス

なし

カードスペック
  • 3倍ポイント:レストランダイニング
  • 2倍ポイント:旅行(The Bilt Rewards Travel Portalからの購入、直接購入の航空券・ホテル・レンタカー・クルーズ・モーテル・リゾート)
  • 1倍ポイント:その他購入
  • 1倍ポイント:家賃支払い(手数料はBiltが全額負担)
特徴
  • 毎月5回以上のカード利用が必要
  • LyftアカウントとBiltアカウントを繋げると最大5倍のポイント
  • Bilt Diningを利用すると最大13倍のポイント
  • 海外取引手数料が無料

BILT Mastercardは利用限度額が低くても、銀行とリンクさせて引き落としで支払い可能なカードです。チェック支払いの場合もBILT側がチェックを送付してくれます。賃貸であれば、持たない理由が見つからないお得なカードです。

Chase Sapphireカードを検討している場合

Chaseのカードの利用率を上げる必要があるので、1枚目とは違うChaseカードを申請して出来るだけ使うことが必要です。ソーシャルセキュリティーを持っていればChase Business Ink Cardを申請して、Chaseとの取引を増やすことも必要です。注意しなくてはいけないのは、返済するときは必ずフルバランスで返さないとスコアが下がってしまい、逆効果になります。

クレジットスコアを確認

2枚カードができた辺りで、自身のクレジットスコアを確認しましょう!
おすすめはCredit Karmaで確認です。

より特典がついているクレジットカードを申請する時に、クレジットスコアが影響するので常に気をつけてみておきましょう!スコアを上げるためには、使いすぎてもいけないし、使わなすぎてもいけないという、ほどほどに使って期日にしっかり返すということを続けていく必要があります。

3枚目:American Express Gold Card

3枚目におすすめなのは、日常的に使いやすいアメックスゴールドです。前のカードを作ってから3〜6ヶ月は空けましょう!

ウェルカムボーナス

6万ポイント=ANA6万マイル相当
(6ヶ月以内に$6,000利用)

カードスペック
  • 4倍ポイント:レストラン(全世界対応)、テイクアウト・デリバリー(アメリカ国内のみ)
  • 4倍ポイント:グロサリー(アメリカ国内のみ)
  • 3倍ポイント:航空券購入(条件あり)
  • $120 UBERクレジット(毎月$10)
  • $120 ダイニングクレジット(毎月$10)
特徴
  • 年間$240のクレジットが付いているので年会費は実質$10
  • ストレートにANAマイルへ移行可能
  • 海外取引手数料が無料

年会費がかかりますが、ほぼ回収できて、最初のウェルカムボーナスだけでANAエコノミーでニューヨーク〜東京の往復が可能になります。Amexゴールドと同様の特典を持つChaseカードと比べて申請が通りやすいこともおすすめポイントです。

ANA使わない、年会費がちょっと、、という方

Amexポイントを貯める理由の一つとして、ANAの航空券に変換できることが大きいと思います。ですが、日本行きはJAL一択!の方や年会費払うことがネックだなという方は、#1で紹介した年会費無料カードを検討してみましょう!

年会費無料のカードはキャッシュバックのカードなので、マイルや他のポイントに使いたい場合はステータスが上のカードを持つ必要があります。

4枚目:トラベルカード|Chase Sapphire Preferred Card

4枚目におすすめなのはChase Sapphire Preferred Cardです。
最初に紹介したChase銀行発行の年会費無料のカードはキャッシュバックカードなので、マイルに変換したりホテルの予約ポイントを利用したい場合、上級のカードが必要です。

上級のカードを持っていないと、キャッシュバックカードはあくまでもキャッシュバックだけの価値になってしまいます。最初にChaseの無料カードを作成した方はこのカードを持って入れるとポイントとして合算して使うことができます。

ウェルカムボーナス

6万ポイント=旅行代金$750相当
(3ヶ月以内に$4,000利用)

カードスペック
  • 5倍ポイント:旅行(Chase Ultimate Rewardsを通して)
  • 3倍ポイント:ダイニング・ストリーミング・ネットスーパー(Walmart®・Target®・COSTCOを除く)
  • 2倍ポイント:その他旅行(他の旅行サイトからの予約)
  • 1倍ポイント:その他カテゴリー
特徴
  • Chaseのサイトを通じてポイントを旅行に交換すると、25%のボーナスが加算される
    1ポイントあたり1.25セントの価値に
  • $50のホテルクレジット付き
  • 海外取引手数料が無料

このあたりのカードを申請するためにはクレジットスコアがGood/Excellentでなければなりません。申請前にチェックしましょうね!

Capital One SavorOneを作った方

Chaseカードを揃えなくてもいいやという方はCapital OneのVentureXがおすすめです。
SavorOneカードもキャッシュバックカードですが、マイルに変換するためのカードとしてVentureXとのデュオが最強の組み合わせです。

ウェルカムボーナス

7万5千マイル=旅行代金$750相当
(3ヶ月以内に$4,000利用)

カードスペック
  • 10倍マイル:Capital One Travel通じて予約したホテル・レンタカー(無制限)
  • 5倍マイル:Capital One Travel通じて予約した飛行機(無制限)
  • 2倍マイル:その他全ての購入(無制限)
特徴
  • 毎年10,000ポイントをゲット(約$100相当)
  • $300のホテルクレジット付き
  • 海外取引手数料が無料

前のCapital Oneカード申請から6ヶ月空けないと申請が通りません。また、Capital Oneが発行している個人カードは1人2枚までしか持てないので、気をつけましょう!

5枚目:高級トラベルカード|American Express Platinum

日本で作ると16万円ほどかかるアメプラですが、アメリカで作るとほぼ同じ特典なのに年会費はそこまでかかりません。圧倒的ウェルカムボーナスがもらえるので、ビジネスクラスも余裕で利用できます。さらに他と比較して高い年会費もベネフィットで相殺できます。

ウェルカムボーナス

8万ポイント=旅行代金($1,600相当)
(6ヶ月以内に$8,000利用)

カードスペック
  • 5倍ポイント:Amex Travel通じて予約した飛行機・事前支払い済みのホテル(年間$500,000まで)
  • 5倍ポイント:直接予約した飛行機代
    他社からの予約(Expediaなど)は含まれません
  • 1倍ポイント:その他の購入
特徴
  • 多種多様な空港ラウンジの利用
  • ヒルトンとマリオットの無料ホテルエリートステータス
  • Hertz、Avis、Nationalのプレミアムレンタカー無料ステータス
  • 年間$500以上のステートメントクレジット(一部の特典には入会が必要)
  • 毎月$15のUberキャッシュ(12月だけ$35付与)|年間$200
  • 航空会社手数料クレジット|年間$200
  • ホテルクレジット|年間$200まで
  • プレミアムコンシェルジュサービスの利用
  • 海外取引手数料が無料

旅行以外の日常使用では還元率低いのでアメックスゴールド・ブルービジネスプラスがあるとさらにお得になります。

長期のアメリカ生活ならクレジットカードは必須

日本の購買のほとんどは現金で行なっていました。渡米する前の生活では、ネットショッピング以外でクレジットカードが使えませんでした。なので、ポイントは全然貯まらないため、使いどころも難しいことがあります。

アメリカは小さい金額でもクレジットカードが使えるので、ポイントが貯めやすいです。旅行はしなくても日本へ一時帰国する方は多いかと思います。ポイントを帰国する際に利用できれば、長時間のフライトも苦にならない気がします。

アメリカに長期で滞在するのであればクレジットカードを使い、信用を積み重ねることで、アメリカでしか作れないカードを申請する準備をしていきましょう!

Check the other recommendations in English:

Sukoshi Mart

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よくも悪くも能天気なTsuma、特に準備せずOttoに任せて、ニューヨークでの生活を始めました。
チャイナタウンに行くと声を掛けられる率が高くなってきたので、中国語を勉強中です。

目次